アシックスジャパン、競泳用水着のトップシリーズ「トップインパクトライン2019」の新色販売を開始

アシックスジャパンが手掛けているスイマーの姿勢に着目した競泳用水着のトップシリーズ「トップインパクトライン2019モデル」の新色販売を7月29日から全国のスポーツ用品店などで順次開始。男女ともにグリーンパープルをベースとした色を新たに追加された。

この競泳水着は国際水泳連盟の公認モデルで、18年モデルの開発コンセプト「コアスティンガー」を継承しながら、軽量性と流水抵抗低減をさらに追求した新素材を採用しており、この素材は従来モデルと比較して約27%軽量化している上、表面をフラットに加工することで、流水抵抗を最大で約2.3%低減している。
選手が持つパフォーマンスを十分に発揮できるよう、体の長軸・周径方向のストレッチ性を高めるなど水中での動きやすさに配慮されている。

【参照記事】トップインパクトライン2019

新色水着については2019年7月12~20日に行われた第18回世界水泳選手権大会に出場した5選手に提供されている。

 デザインはいずれも、ASICSの文字をモチーフにした筆書きのグラフィックを全身に配している。価格は、男性用2万3000円、女性用3万4000円と現モデルと同価格になっている。

このブログの人気の投稿

ミズノスピードが新競泳水着「アクアブレードシグマ」を発売

シドニーオリンピックへ向けアリーナ「タイプF」を登場

ミズノ(MIZUNO)2008年北京五輪日本代表記念モデル登場