2014年1月14日火曜日

アシックス2014年トップモデル競泳水着「トップインパクトラインCF-1 ネオ」を発表

アシックスは、トップ層向けである「TOP IMPACT LINE(トップインパクトライン)」シリーズの1モデルとして、「CF-1 NEO(シーエフワン ネオ)」を2014年1月14日に発表。
ストローク動作における皮膚の伸びに着目した新構造を採用し、動きやすさとホールド性を両立させた競泳用水着で、男性用1タイプ、女性用2タイプの計3タイプを展開。


泳ぎのストローク動作を行う際、人間の皮膚は脇から横腹にかけて縦方向によく伸び、体の中央部分は伸びずに安定している点に着目し、この特徴に対応するため、1枚の生地で部位によって伸縮特性が異なる新しい織物素材「3CSKIN-ST(スリーシースキン エスティー)」を使用。

皮膚がよく伸びる方向にあわせて伸縮性を高めることで動きを妨げにくくし、身頃の中心部・下腹部などを伸びにくく設計することで骨盤周りの締め付け力を高め、体軸の安定をはかっている。
また、1枚の生地なので、流水抵抗の一因となる縫製の凹凸がないのもポイント。


この「CF-1 NEO」の競泳用水着は、2014年1月からはじまる各大会に向けて、 アシックススポーツ工学研究所にて研究、分析を重ねて開発したもので、発売は、2014年1月上旬から全国のスポーツ用品店などで順次登場。初年度は3タイプあわせて6,000枚の販売を予定。


<他の特徴>
①女性用はショルダーストラップの形状が異なる2タイプを展開

・・・女性用水着は、種目や選手の泳ぎ方にあわせて選べるよう、肩甲骨周りをしっかりホールドするタイプと、肩甲骨周りの生地を少なくしたタイプを用意。

②太もものゆれを抑制する構造を採用
・・・水泳のキック時に発生する大腿(だいたい)部の軟部組織のゆれは、無駄な抵抗となり推進力の妨げとなるため、この水着は、大腿部の中央を横断するように締め付け力が弱い部分を設けており、ゆれが伝わる方向にあわせて角度をつけて配置。
この構造により、ゆれを分散して弱め、大腿部の大きなゆれを抑えることで推進しやすい。
※この構造は2012年モデルから競泳用水着のトップモデルに採用。

③部位に応じて3種類の織物素材を配置
・・・身頃・下腹部:1枚で伸縮特性が異なる新素材「3CSKIN―ST」
・・・大腿部:1枚で締め付け力に差をつけた素材「3CSKIN-COMP」
・・・股関節部・肩ストラップ:伸縮性が高くソフトな素材「3CSKIN―SⅡ」

④足の動きを妨げにくい縫製
・・・皮膚が伸びにくい体側部分で縫製することで、キック動作を妨げないようにした「レッグフリーパターン」を採用。


<種類>
●女性用スパッツタイプ(ALS527)・・・SS、S、SM、M、ML、Lサイズ「定価:37,000円+税」
●女性用スパッツタイプ(ALS528)・・・SS、S、SM、M、ML、Lサイズ「定価:37,000円+税」
●男性用スパッツタイプ(AMA527)・・・SS、S、M、Lサイズ「定価:22,000円+税」

<素 材>
3CSKIN-ST ナイロン50%、ポリエステル30%、ポリウレタン20%
3CSKIN-SⅡ ナイロン75%、ポリウレタン25%
3CSKIN-COMP ナイロン75%、ポリウレタン20%、ポリエステル5%

<カラー>
ブラック

<生産国>
日本、中国

<その他>
※ALS527、ALS528のサイズはアシックス独自規格サイズ。
※AMA527のサイズはJASPO範囲表示。
※着用補助用品「スイムジャック」、着脱用手袋が付属。
※すべてFINA認可モデル。