2012年3月28日水曜日

デサントアリーナが北島康介選手とアドバイザリー契約締結

株式会社デサントは、2004年アテネオリンピック、2008年北京オリンピックで100M・200M平泳ぎ2大会連続2冠を達成した北島康介選手(日本コカ・コーラ)と水着等のスポーツウェアに関するアドバイザリー契約を結んだと発表した。
契約期間は2012年4月1日からの2年間で、同社ブランドを手がけている「アリーナ(arena)」の競泳水着やゴーグルなどの水泳用品を着用する他、北島選手をブランドキャラクターとしてのプロデュース開発も行っていくことで、ブランドPRを図っていく。

北島選手は4月2日より行われる「第88回 日本選手権水泳競技大会 兼 第30回ロンドンオリンピック競技大会代表選手選考会」に出場予定で、デサント社が昨年末発売したロンドン五輪向け競泳用水着である反発力の強い素材を使った水着「アクアフォースインフィニティー」を着用すると見られている。
この水着は、足腰の動きをバネのようにサポートするのが特徴。(参考)
北京五輪ではミズノと契約したが、英スピード社の高速水着「レーザー・レーサー」を着用していたが、今回の大会結果次第ではデサントにとってさらなる追い風となる。