2011年7月11日月曜日

デサント「アリーナ」2011年上海世界水泳モデル発表

デサントは2011年夏の水泳世界大会に向け、アリーナの様々な商品展開を発表。

<試合用水着>
●「Aquaforce 1(アクアフォース ワン)」●
腰部・臀部周辺の筋肉を2層の生地で締め付けることにより、筋肉のブレを抑制。
また、ハイパワーサポート機能を持つ「アクアブースターV」が骨盤の安定性を引き出し、正しいストリームラインのキープやスムーズなキックをサポート。
素材には軽くて薄いハイパワー布帛素材「アクアフォースフィルム」を使用。水中での軽量感とコンプレッション効果を実現。
古賀淳也選手(第一三共)や立石諒選手(慶応義塾大学/NECGSC玉川)らが着用予定です。

●「Powerskin R-EVO+(パワースキン レボプラス)」●
ヨーロッパアリーナ社との共通モデルです。
縫い糸を使わない接着仕様により、表面の凹凸が少なく、身体への高いフィット性が得ることが可能。
レディスの肩周りは独自の接着技術を採用することで、肩へのストレスを大幅に軽減している。
又、裾周りのシリコン滑り止めテープにより、きつさを感じにくく自然なフィット感が得られる。


<サプライウェア>
ウィンドブレーカーのデザインは、ブラックをベースに“ブルー&イエロー”の配色を採用。日本代表イメージのブルーと、金メダルを象徴するイエローを表現。
また、素材には、軽くてソフトでありながら「防水性・防風性」に優れた“アリーナマイクロ”を採用し、選手のパフォーマンスをサポート。
Tシャツは、通気性が良く吸汗性・速乾性の機能を持つ素材を採用し、選手のストレスを軽減させます。練習用水着は、デニム風の素材“タフスキンデニム”を採用。また、日本を連想させる桜柄をグラデーションで表現している。


<日本代表世界水泳モデルタフスーツ&メッシュキャップ>
日本代表を盛り上げるため、代表チームにサプライしている桜がモチーフとなった練習用水着「タフスーツ」のレプリカの他、同デザインモチーフのメッシュキャップの販売を行う。