2009年11月7日土曜日

2010年実施の国際水着規定にゴールドウィンの対応急ぐ

SPEEDO社のレーザーレーサーで有名となり、国内で販売を手がけた「ゴールドウイン」は11月末、英スピード社開発の水着レーザー・レーサーの新製品を国内発表し、来年一月から販売する。

国際水泳連盟(FINA)が来年2010年1月から競泳用水着の新規定を変更することを受け、現行商品が苦戦したため。

ゴールドウインは今年2009年2月からレーザー・レーサーを一般販売し、スピード関連商品の売上高で前期比3割増の伸びを期待していた。

しかし、水着問題が勃発したことで、7月の規定変更発表によりレーザーレーサーの使用期限が設けられたため、選手の買い控えがあったことを受け、数字は明らかにしないものの「売り上げは計画より大幅に少なかった」と西田明男社長。

西田社長は規定変更に対し「あまりに急転回。段階的に見直してもよかったのではないか」と困惑顔。

「新製品で巻き返しを図りたい」と述べている。11月末の新製品開発に注目が集まることになるだろう。