2009年9月8日火曜日

ブルーセブンティー(bulueseventy)社の来年2010年への意向

バイオラバーを採用し、オープンウォータースイムでは世界的に認められているブルーセブンティー社。

2009年度は競泳競技にも一躍有名となったわけだが、7月末にFINA(国際水泳連盟)の2010年の規定の発表を受け、競泳の着用ができなくなった。

これを受け、ブルーセブンティ-は、来年から適用される、より伝統的な水着への規格変更後も、長期的に水泳競技に携わっていくことを表明した。

しかしながら、現時点ではFINAから規格変更の正確な期日が発表されておらず、また規格に適合する生地に対する定義の言及がなされていないため水着の生産においては未定の状態とも発表している。

規定が確実なものになってからの動きに注目が集まることになる。


・参照:ブルーセブンティーニュース「FINA(国際水泳連盟)の2010年の規定の発表を受けbulueseventy社の来年への意向」