2009年9月19日土曜日

米国水泳連盟が10月から高速水着禁止。新規則を3カ月前倒し!

ニューヨークタイムズによると、米国水泳連盟が2009年9月19日に、各州のスイミングクラブ代表者らが出席した総会で、ラバー製やポリウレタン製を素材とする競泳の高速水着について、10月から米国水連の公認レースで使用を禁止することを決めた。

国際水泳連盟(FINA)は水着の素材を布製に限定し、体を覆う部分も狭くする新規則を来年1月1日から適用するが、米国ではこれを3カ月前倒しして導入する。


日本水泳連盟では現在、国際大会において2010年1月1日から、国内大会においては2010年4月からの新規則を適応としている。

なお、国内のマスターズ大会においては各都道府県連盟の規則に委ねられているため、それぞれ確認が必要。