2007年6月1日金曜日

ミズノがヴァーチャルボディデザインの「アクセルスーツ」を発売

ミズノは、独自のブランドとして約40年ぶりとなる水着を発売しました。

その名は、「ミズノ アクセルスーツ」。

独自のウエア設計手法『ヴァーチャルボディデザイン』を初めて水着に採用しています。

スイミングフォームを3D解析し、皮膚の良く伸びる部分、縮む部分を分析して設計していることで、動きやすさを実現すると共に、フィット感も向上されているようです。

この「アクセルスーツ」は、素材には低抵抗撥水プリントを施し、水との摩擦抵抗を低減しています。

トップスイマー向けのモデルであり、北島康介選手や寺川綾選手など数々のトップ選手が着用することになります。


発売は6月よりスタートしています。ミズノのマークは、ウェアなどで見慣れていますが、水着へプリントされていると、以前のスピードマークに比べて少し違和感があるけど、あっという間に慣れてしまうのではないでしょうか?

新ブランドが発売されたことで、ミズノ作のスピードは12月一杯で在庫もなくなるため、レア物になっていくかもしれません。(販売店では、在庫があっても継続して販売は可能。)