2000年2月1日火曜日

シドニーオリンピックへ向けアリーナ「タイプF」を登場



デサント「アリーナ」は、2000秋冬のコンペティショナルラインでシドニー五輪イヤー向けの新素材の打ち出しました。

コンペティション(競泳用)では、1㎡当たりわずか120gと同社従来品に比べ「約40%軽量化」を実現し、よりタイトなフィット感と軽量感をもつ『タイプ-F』を登場させます。

ロゴは、今までと少し違い、アリーナの文字の周りに炎のようなマークが付いているのが特徴です。